FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋さん家と新垣さん家~即興演劇サードステージ

こばんちょ。

日曜深夜、福岡から帰ってきました。
そんで今日、月曜は青山円形劇場にて「高橋さん家と新垣さん家~即興演劇サードステージ」の初日観覧です。サードってことはこの企画の3回目なんでしょうが、私はお初。

旅行の写真整理をしてないので先にそのレポから。

まず結論。

面白かった!
3時間、4800円ぶん大満足しました! ※個人の感想です
初日を見てレポするほど、良かったです。

ではレポ。
ネタバレにお気をつけ下さい…






…ってのは無いです。

ネタバレもクソも無いです。
タイトルに「即興演劇」とあるように、全てアドリブ。
リハーサルは0回。
台本無し。
ゲストの方は「何時に劇場に来てくれ」と言われただけで、来た、という状態。
愛ガキも「…えーと、どうすればいいんでしょうかね」状態。

18時半。開演。

と言っても、まずは演出家の古厩さん、愛ちゃん、ガキさんが出てきてご挨拶。

古厩さんいわく「18時半開演だと(平日仕事をしている方には)早いかと思ったが、たっぷり時間を使えるよう、早めスタートにしてもらった」とのこと。「チケットは売り切れてるのでまだ空席があるのは、まだ到着してないお客さんがいるみたいですね」と愛ちゃんかガキさんが言ってまして、それらの方を待つために引き伸ばし色々トークをしてました。

中途入場してきてあたふたと席に座るヲタに「おっ!おかえりなさい~」と話しかける高ガキさんw
リアルガラスの仮面の1シーンを見たw

その後今日の日替わりゲストの、アイドルヲタでもありハロヲタでもある落語家の立川志ら乃さんが登場。

円形劇場ですから、360度の客席に囲まれながら、トークが始まります。
普段ですとBGMが流れ舞台の物語が始まるわけですが、即興劇なのでなにも決まっていません。なので古厩さんがテーマを決め、インタビューを始めます。

そのテーマは「衝突」。

日常生活で「衝突」した出来事を各人がエピソードとして上げていきます。
お昼の番組「ごきげんよう」サイコロトークをイメージしてくださいw

愛ちゃんは、自分から借りたモノを元の位置に戻さない妹に切れてケンカしたエピソード。
ガキさんは、コンビニに行ったパパに買ってきてくれと頼んだおにぎりと違うものを買ってきたことに対してブチブチと文句を言い続けた話。
志ら乃さんは、ノートパソコンを買うために彼女に渡した15万円を、スーツを買うことに使われてしまったという話。

これらを3つのシナリオにしていく作業が始まります。

ホワイトボードにそれらを書いていく古厩さん。今度はそこからさらに詳細なインタビューに入ります。5W1H、誰が、何を、いつ、どこで、どうして、どのように、したのか。こうして「場面転換なし」「7分ちょっと」の、寸劇のプロットが着々と作られていきました。

ちなみに新垣家の両親も観に来ていらして、ガキさんシナリオでは父親本人の証言も交えてのプロット作成でした。お母さんはガキさんにすごく似てましたね。

18時半に始まった舞台。設定作業が終わったのは20時15分w
内容を決めるのに1時間半かかるという!
ほとんど、というか完全に演出家によるエチュードの授業です。

・愛ちゃんシナリオ 高橋愛役/高橋愛 妹役/新垣里沙
・ガキさんシナリオ 新垣里沙役/新垣里沙 妹役/高橋愛 パパ役/立川志ら乃
・志ら乃シナリオ 志ら乃役/立川志ら乃 彼女役/高橋愛、新垣里沙
※これだけ彼女役を変えて二回演じました

大体まとまったところで、一旦出演者は細かい打ち合わせのため15分だけ退場。
古厩さんやアンドリウさんが場を繋ぎますが「トイレに行きたい人は今のうち」とのことです。

20時半、再開。再び愛ガキ、志ら乃さん登場。
こんどは舞台上でのセット確認。ソファーの位置や、部屋割りを決めていきます。
出演者本人がテーブル運んだりして、大変ですw

で、やっとこさ本番スタート。

…正直、彼女らを舐めてました。
…いやーすごい。演劇スキル、あるじゃん!!
そうだよね、10年近く、いろんな事やってきたもんねえ…。

台本がないからこその、リアル。
福井弁をまくし立てながら、泣きじゃくる愛ちゃん、ビビリます。
ブチ切れて段ボール箱を踏みつけるシーン、鳥肌が立ちました。
ガキさんの細やかな演技、志ら乃さんのさすがは「噺家」という間の取り方。

ここで内容を語っても、今日のお話は今日だけ、もうやらないわけで、説明は無意味かもしれませんが、とにかくプロの仕事を見た、という感じです。
あと、私生活のインタビューを元に再現して演技しているので、彼女らの「プライベート」な顔を覗けるという面白さもありますね。愛ちゃんと妹の距離関係や、ガキさん一家の雰囲気がよく伝わりました。

愛ちゃんシナリオ→志ら乃さんシナリオ(2回)→ガキさんシナリオ、の順で行い終了。
その後、ちゃぶ台を囲みながら講評の時間。ほんとに演劇学校の授業みたい。

最後、舞台に関係ないんですが、志ら乃さんが観に来ていた彼女(つまり貰った15万をスーツ代に使い込んだお方)にプロポーズ&婚姻届の証人欄に愛ちゃんガキさんの署名を入れる、というハプニングイベがありましたw

終わってみれば21時半過ぎ…あー疲れたw

こんな感じの、舞台です。
これを読んで興味が湧くようでしたら、きっと面白いことでしょう。

きちっと作られた物語が見たいなら物足りないかもしれません。

愛ちゃんガキさんの姿を見てるだけで幸せ…なら、絶対行くべきです。
何しろ300人程度のキャパ、舞台が近い。いちばん後ろの席でも、たぶん4メートルくらいしか無いし、最前なら手が握れそうな距離です。それで3時間近く眺めていられますから。

「青山円形劇場にハズレ舞台なし」

次回もここで何かあったら観に行ってみたいと思います。
 
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。楽しい劇だったようですね。

>台本がないからこその、リアル

この文を読んで、鶴瓶師匠が名古屋の放送局製作でやっている
「スジナシ」という即興アドリブドラマを連想しました。

>「青山円形劇場にハズレ舞台なし」

そんな距離で見られるのですか。名古屋は芸どころなのに、
そういうタイプの劇場が無いのが残念ですね。

だけど、娘。もさゆ姫効果なのかピン仕事が増えましたね。

No title

>だけど、娘。もさゆ姫効果なのかピン仕事が増えましたね。

それを人はバーターというのではw

No title

青山円形はキティちゃん劇で初めて入りましたね
まだ駆け出しのあやちょヲタだったもんで、チケ入手は高くて苦労しました

No title

>>洋(ry
あの会場は始まってから高騰したり売り切れたりしますね
とりあえず買っとけ的な場所かも
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。