(503) ブログのちから

fc2-2010_0206-02.jpg

まのんばんわ。

まのちんと銀座で握手してきました。うふふ。

今回の写真集は水着が多いですね。
ワンピースのハイレグがなんかカッコイイデザインだなと思ったり。

白のビキニは下着みたい。
後ろ向きでこっち見ているページがあるんですが、そのお尻だけ見てるとグンゼのパンツに見えてくる。背景の砂浜を、脳内で学校の保健室に変換すると、なおさらそんな感じに見えてくる。

見えるんです。

皆さんには難しいかもし(ry

個人的にあまり胸に詰め物はしなくていいんじゃないかなと言う結論で。
まのちんのおっぱいは綺麗な形だし。

あ、上の画像は夏コミのサークルカットです。



今回は「ブログの生命力」についてつらつら書きます。

SNSやTwitterなどの台頭により新規開設者は減りましたが、それでもネットには沢山のブログがあふれ返っています。更新頻度、内容の充実度などボーダーラインをどこに引くかは人それぞれだと思いますが、

「元気満々なブログ」
「生きてるブログ」
「死にかけてるブログ」
「ブログのしかばね」

って皆さん直感的にわかりますよね?

例外的に「更新は止めたが過去ログは有用だと思った管理人が削除せずにサーバーに残してあり、今でも定期的に来訪者が絶えない」という

「記念館ブログ」

というパターンもあります。

長寿を全うするか、しかばねになってしまうか。
試みにブログという生き物を支える要素を3つに分けてみました。

(A)開設の動機
(B)本人の素質
(C)取り巻く環境



まず(A)を3パターンに分けます

(A1類)業務上必要である/要請されたので開設

タレント、作家、企業経営者などが宣伝売名目的を主として執筆するものです。
またアフィリエイト収入によって生活するための手段としてのブログ、というものもあります。これらには一般ブロガーには希薄な、更新する明確な目的や義務が存在するため、生命力がかなり強いです。

(A2類)訴求したいテーマがあるので開設

自分が特に興味のあるジャンルに関して、ネット上で表現したい、呼びかけたいものがある場合、ブログを始める理由になります。

(A3類)明確な理由はなく開設

ほとんどの人はここになると思います。特にテーマを狭めずに、自分の思ったこと、身の回りのことを書き連ねていこうと考えたパターンです。



次に(B)本人の素質です。

文章スキルそのものではなく、本人が書くこと自体を好きなのかどうか、ということです。
すごく極端に3つに分けるとこうなります。

(B1類)ガーッと筆を走らせ「今回はいい文章が書けたぜ…」と1人モニターに向かってニヤリとしてしまうライタータイプ。

(B2類)カタカタキーボードを叩き「まあこんなものかな?」となんとなく書けるが、出来の良し悪しまでは深く判断しない普通タイプ。

(B3類)「何書いたらいいか全然わかんない…」と学校の作文の授業後、居残りさせられたようなそもそも活字嫌いタイプ。



最後に(C)取り巻く環境です。

(1)物理的時間

学生でも、社会人でも、一日のうちブログ更新に多くの時間を費やせる状態ならば、継続率は高まります。そうでないならおいおい放置気味になります。

余談ですが「忙しくてブログ更新できません!」という更新メッセージがあります。
これはブログ更新に気が回らないほど朝から晩までやることがあり、本当に多忙なケースも確かにありますが、実際のところ、「忙しい」以外の理由によって更新できない、もしくは単に面倒くさくてやる気が起きない場合に、最も頻繁に使われている文言ではないでしょうか。自分もそうですしw

(2)PC環境

いつでも自由に使えるPC所有か、家族所有なのか、ネカフェからの更新なのか、携帯のみなのか。

(3)業務上の必要性の変化

タレントブログなどは引退すればもう宣伝をする必要がなくなりますし、匿名でのブログへと移行するかもしれません。

(4)取り上げていたテーマの変化

メインテーマに興味を失った(たとえばファンブログでの推しメン変更)
メインテーマが終焉を迎えた(たとえば推しメン引退)

(5)欲求の満足、不満足

参考 → マズローの欲求段階説

ブログを順調に運営することによって、そのうちの「所属と愛の欲求」「承認欲求」を満たすことができます。管理人個人の受け取り方次第ですが。

★アクセス数/上昇していくうちはRPGのレベルアップのようなもので、モチベーションをかなり高めます。ほとんどアクセスが無い、という状況はモチベを下げる一因になるでしょう。

★コメントレス/コメントの内容次第で管理人のモチベは上下します。コメが付かないことによって、閉鎖してしまう場合もあり得る事です。拍手ボタンなども同様です。

★コミュニケーション/コメント欄から発生するブロガーと読者の交流は、更新を楽しくする要素になりますが、多コメントに対するレスの負担などで管理人を疲弊させる可能性もあります。

そこそこのアクセス数で安定し、良質なコメントに支えられている順調な管理人は、さらなる自己実現を果たそうと努力しなければ、その状況に飽き、ブログの生命力を数年で使い果たしてしまうかもしれません。



AB2つの要素が基本生命力になり、それをCが不定期に変動させる。
「ブログを継続して続けるコツ」というのは、変動値のマイナス幅を最小限に抑える方法、…なのかな?

まとまってなくてすみません。



ヾ(。・ω・。)ヾ(。・Д・。)ヾ(。・ρ・。)バイバイ♪



fc2-2010_0206-01.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

あくおすがつぼにはまりましたw

握手会参加おつかれさまでした。
>白のビキニは下着みたい(中略)脳内で背景の砂浜を
学校の保健室に変換するとなおさらそう思えてくる。

私は写真集はまだチェックしてませんが、あの白ビキニには背徳なモノがありましたね。
さすがにムラムラはしませんでしたが。

・ 夏コミのサークルカットの感想

ハロコンのバックステージ映像っぽい絵ですね。

・ ブログの生命力

本来なら遠慮無く感じたことを言えるのがブログなのに、表現を誤っただけで
炎上やら閉鎖に追い込まれるのですから、本末転倒のような気がしますね。

・ つぐながクンの感想

まぁ、あんな不祥事起こしたら、引退でもしなければケジメがつかないでしょうしね。
ただ、25回も賜杯を持っていかれていることを考えますと、勝ち逃げされたみたいで
悔しいです。

>おっと矢口さんの悪口はそこまでだ

まぁ、彼女もいろいろあって大変でしたしね。昔ならともかく今はスキャンダルを笑いに
変えるしたたかさが無いと、ダメな気がしますね。

さて、今日(2月7日)は舞美ちゃんとマイマイの誕生日ですね。マイマイはちっちゃいころから知っていますので、「もう14歳か」ですけど、舞美ちゃんは「まだ18歳1?」という
感じがします。

>>kkkさん
細かいw

>>KAIXAさん

 >本来なら遠慮無く感じたことを言えるのがブログなのに
 
ブログはチラシの裏ではなく表現方法の一つです。
主張を述べる場合は「遠慮無く」ではなく「配慮して」の方が素敵だと思いますね。自分の主張を通そうとすれば、その主張の反対に居る人が傷つくことを理解している上で喋る必要があります。
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード