スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(479) ゲキハロ

おばんです。

水、木と連続でゲキハロ行ってました。
仕事→池袋→帰宅寝るみたいな生活で。
やっと漫画描けたぁ…そんな感じ。

で、サンクユーベリーベリー。

このブログはそこそこネタばれしますよ。



いや…、いいわあ。この舞台大好きです。
2回見て、3回目が行きたくなったのは初めてかもしれない。

とりあえず行ってない&行くつもり無い人のためにある程度舞台設定。

-----

舞台は現代。SF要素はゼロです。
ごく普通の学園物語。
2つの高校が、全国合唱コンクール優勝のためにがんばるお話です。

ひとつはコンクール実績の伝統あるお嬢様学校。
弁天女子学院。
こちらはキャプテン、梨沙子、茉麻が通ってます。

かたや底辺DQN高校。
丸富高校。
こちらにはみや、ちー、熊井ちゃんが通ってます。
この3人が溜まり場にしているおでん屋さんでは、貧乏な桃子がバイトをしてます。

前者の高校では、1年生ながら才能のある梨沙子が、部長(キャプ)との突然の別れやその他の出来事で苦しみながらも、茉麻の助けもあって乗り越えていくエピソード。

後者の高校では、言葉遣いの悪いヤンキー丸出しの「いらない子」だった3人組が、歌声とチームワークの才を買われて、熱心な先生の指導の下、生きていく自信を取り戻していく物語。

前半では各高校が交互に場面転換し、ちょっと忙しい。
後半、両学校がちょっと絡み合い、コンクール決勝へ。

2時間があっという間でした。



いい意味で「二次同人誌的」な舞台です。

Berryz工房の各人のキャラクタ設定(狼的なのも含む)をふんだんに盛り込み、そういう前提を知っているファンならでは楽しめるように仕上がっています。

キャプテンは、合唱部のしっかりもの部長。
梨沙子は、年少だけどエース。
桃子は4人の妹を持つ苦学生で、小銭を拾うスピードが超スピードだったり。
茉麻が応援団長で、空手使いだったり。
みや&ちーはコギャル風で、熊井ちゃんはやっぱり熊井ちゃんテイスト。

あとセリフの端々に、やたら小ネタを入れてきます。
「誰にアピッてんの?」とか「教室には何も無いよ!」とか。

悪く捉えると「ヲタに媚びている作品」とも言えるかもしれません。
ですがアイドル演劇としては私はこの方向性が妥当かと。
ベリVSベリよりも、さらにまっすぐなストレートボールを受け取った気持ちです。

ラスト、桃子が冗談っぽく「でぇ、なんだかんだあってぇ、この7人がBerryz工房になりましたぁ~」って言うんですが。

舞台を茶化しているかのようにも取れるこの発言。

でも。

このセリフに脚本家の心情がすごくこもっている気がしてなりません。

塩田泰造氏による、もうひとつのBerryz工房のお話でした。

ベリが好きな方、どうぞご鑑賞をお勧めします。

あ、そうだ。

エッグの佐野ちゃん、可愛かったです。
脳裏にとどめておきますw



fc2-09000918-01.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

今回のゲキハロのそれぞれの役は、ヲタから見たBerryzの見た目と一緒ということですか?

あと、ミラクルさん卒業するみたいですよ。

さすがはDQN高校だけに自分と同じ汚れた心を持ってますねw

まずは観劇おつかれさまでした。かなりの完成度のようでDVDが見たくなりました。

>つぐながクンの感想

前回の「ちゃお」「なかよし」的世界のオチはこのためだったのですね。ちなみちゃん根本美緒似のなごみ系のルックスなのに、実は腐女子だったのですね…。

小春卒業

忘れた頃にこれですから、ホントアップフロントは油断も隙もあらしません。モデルですか、頑張ってもらいたいです。

話は変わりますが、今日、松浦亜弥さんのコンサートに行ってきました。ひとまず見納めということもあるのか、いろいろやってくれて集大成を見てるようでした。りかやさん、近い将来、あやや、まのえりちゃんXさゆ姫、ももこのプロ対決を描いてください。

ところで先日偶然、ハロショ名古屋店を発見しました。かなり濃い空気に圧倒されてしまいましたね。それと、似顔絵大賞のイラストが貼ってありました。もちろんりかやさんのまのえりちゃんも、なにか妙に嬉しいものですね。

>>あいみさん
そうです、だいたいそれぞれの(ヲタが感じる)キャラと違和感ない感じです。演者もやりやすいでしょうね。ミラクルさんについては次の日記で。

>>あ さん
前回の手の位置は別に意識したわけじゃなかったのですけどねw

>>KAIXAさん
あややのライブの完成度は素晴らしいですよね。
同じ生バンドのボーノや、弾き語りの真野ちゃんも、ああいう「自由」なライブをやって欲しいものです。
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。