スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイドル傷害事件」について

こばわ。

「地下アイドルがファンに襲われ重体」の事件。
当初は「またか」と思ったんですが。

被害者の方、ギター持ってたんですよね。

え?アイドル?ギター?

んで、加害者のツイッターまとめ見たけど、アイドルヲタ的な感じが無くて。
ただ、ただ、狂っていて。

今日、吉田豪さんのブログを読みました

アイドルでもないしヲタでもない!
小金井刺傷事件の報道に感じるモヤモヤ|
ほぼ週刊吉田豪

http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/news002249.html


なーるほど。

キチガイストーカーがシンガーソングライターを襲った事件なのですね。

…被害に遭った女性についてはもう同情しかありません。
どうかどうか、回復をお祈り申し上げます。

もうこの辺は「確率」の問題で。
横断歩道を渡ったら、酒酔い運転の車が突っ込んできたみたいな。

「このような事件が二度と起こらないためにどうすればいいのか!」

このセリフはあんまり好きじゃないです。
当事者以外が言うのは。

「運だよねー」
「どうしようもないよねー」
「俺じゃなくてよかったー」

という「心の声」をキレイに隠すための上っ面表現に聞こえてしょうがない。

「警察は何をやっているんだ!」

というのも好きじゃないです。
警察がちゃんと対応してたら、そもそもニュースにならないですし。
1億人以上住んでる日本です。
ストーカー被害を訴え、受理された件数はどれだけでしょう。
そこから傷害事件にまで行った件数はどれだけでしょう。

ええ「事件」ってのはあらゆるすべてのハードルを抜けたところにあります。
関わった方々、ほとんどの人は「想定外」と言うでしょう。

たいていの場合、こういう事件が起こった時は、加害者の心理や行動が常識的価値観から著しく外れていることが多く、本人に対して医療面でのケアが必要です。

身もふたもない言い方をすれば、

「そもそも気が狂ってるから通院や入院して治療しなきゃダメな人」

ということです。病気ですから。
実質的に中枢神経細胞が壊れている場合もありますし。
統合失調症の延長で、今回の行為に至っている可能性もあります。

…ってことはそういう病の人をどうにかしろよっ!って世論には、行かない。

吉田豪さんも書いてますが「それによってある種の病の偏見を助長することになったらマズいって判断で」地下アイドルヲタとファンの「事件」ということになったのでしょう。

それ自体は、まあいい。
そのへん突っ込んで、報道するリスクを取るほど、マスコミに旨みは無いでしょう。

じゃあ、アイドル業界には関係ない。わけではない。
アーティストが居て、ファンがいる。
その関係性には、永遠に付きまとう問題ですね。



という前置きで。
こういう事件があると「漫画のネタになる」と思ってしまうのです。

まあ別に私に対していまさら「不謹慎だ!」という人もいないでしょうけど…。
イラモ本向けに考えている最中です。

・無法地帯と化した接触会
・アイドルは己を身を守らなければならない
・戦闘能力を身に着けなくてはならない
・そうでなくては生き残れない
・それを超えなくてはヲタも接触できない
・出会った瞬間に時空がゆがむ
・アイドル「こいつ…殺る気か」
・ヲタ「…ゲププ…いっしょに永遠になろうぜ」
・覚悟完了
・武道館破壊

えーと、これはアクション漫画になるのか…。

ちょっと今、漫画の勉強しなおしています。
自分の漫画を読み直してみて、どうも足りないところばかり。
いろいろ調子に乗っていたようです。

指南書買ったりして。

fc2-2016_0524-01.jpg

かとうひろし先生のマンガのマンガ<ストーリー構成編>と
藤子・F・不二雄先生のまんが技法


どちらもそれなりにオリジナル漫画を描いていて、基礎を見直したいって時にはいい本だと思います。
どっちも「初心者向け」と銘打ってますが、かみ砕いて理解するのは結構難しいです。

それはどちらも「作者と読者の関係性」を主に置いているので、エンターテインメントというものを提供するためにはどうすべきか、という視点なのです。ある意味、同人誌には必要ないものですが。

F先生の本は「のび太と恐竜」の短編版の演出・構成について1ページごと全解説があったりでマジですげえ豪華です。(20年以上前の本ですが)漫画を描いている方、みなさんに読んでいただきたいと思います。

絵についても、ちゃんと練習しなきゃなあと。
もっと、描かないと…。


では、また~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

被害にあわれた女性は右目を4回左目を1回刺されたという情報もあり、これでは命が助かっても・・・、という指摘もあり、本当にやりきれませんね。どうか命は勿論の事、片方だけでも失明を免れてほしいです。

ただ私は今回の事件がアイドルとドルヲタの話になっているのは「ある種の病の偏見」云々よりも、世間やマスコミに、はじめからそういうバイアスがかかっているからではないかと思いますね。AKBの事件があったこともあるでしょうけど、「そういう事件を起こすのはキモオタに違いない」「アイドルのストーカーになるのはキモオタ」とか、まずそういう偏見的な先入観から事件の推測をする。日本社会やマスコミのそういう体質は宮崎勤事件の頃から全く変わっていない。

No title

お久しぶりです。
「『そもそも気が狂ってるから通院や入院して治療しなきゃダメな人』
…ってことはそういう病の人をどうにかしろよっ!って世論には、行かない。
吉田豪さんも書いてますが『それによってある種の病の偏見を助長することになったらマズいって判断で』地下アイドルヲタとファンの『事件』ということになったのでしょう。」

よくぞ言って下さいました!
りかやさん、吉田豪さんの言っていることは正しく正論だと思うのですが、世論と言うのは何かと判官贔屓になりやすく、正面切って言えない事が多いですね。
障害・病気=社会的ハンディキャップ→人権擁護=何もかもがボーダーレス…と考えなくてはいけないような閉塞感はどうにかならないものかと日々苦々しく思っています。

ごぶさたしてます。
この件に関しては、
まずは被害に
合われた

富田さんの
回復をお祈り
致します。


そして、岩崎には

裁判する時間や
お金、拘置所、
刑務所で食わせる
飯代が

もったいないから、

富田さん、

彼女のご家族、

そして岩崎の
せいで、
針のムシロに
座らされて、

罵声の電話を
はじめとする

いやがらせ

受けているで
あろう、

両親や兄弟、

親類縁者に

死んでお詫びして

償えと言いたい。


あと、警察にも
言いたいことが
ありますが、

これ以上長く
なると、
アレですから
このあたりで。


最後に改めて

富田さんの
意識が戻ることを
お祈り致します。

No title

今日のニュースによると被害にあわれた女性シンガーの方の意識が回復されたようです。とりあえずは良かったですけど、刺し傷や眼に関してはどうなのか詳細はまだわかりません。身体もそうですが心の傷も心配です。立ち直ってくれたら良いのですが・・・。

No title

被害者の富田さんが目を刺されたというのは、どうやらガセである可能性が高いようですね。どちらにせよ、身体以上に心に酷い傷を負ったのは間違いないと思いますが・・・。
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。