スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーさんの(いけにえの)羊

こんばんは。

今週は東京にも週明けから雪が降りました。
起きたら雨になっていたから大丈夫だろうとバイクで走り出したら、100m地点で転倒しました。チッキショー。
バイクも体もなんともないですが超ブルー。

コミティアの原稿進捗。

ええとりあえずですがね。
本業の仕事が忙しい。
ここ2日ほど原稿に手を付けていません。

下描きは20枚終わり。
あと6枚。
木~土でペン入れ26ページできればたぶん発行できます。
日月火で仕上げ、水曜朝入稿。
ええ、おそらく大丈夫だと思います。



SMAPの生放送「謝罪」を見ました。

芸能界はヤバイ業界だとは昔から言われていますが。
それを完璧に裏付けてしまうような放送でした。

あの放送をした目的がですね。

・スターであるタレントに恥を欠かせ価値を損ない
・熱心なファンの不信感を煽り
・ジャニーズ事務所への恐怖と軽蔑をもたらす

そういう狙いがあったとしたら、見事に正解です。

「ジャニーズ事務所とそのタレントに不利益をもたらしたい人間が考えたような謝罪放送」でした。いわば「ジャニーズの敵」ですね。

救いようがないのは、その当事者はおそらくジャニーズ事務所のトップの人間だということです。企業の栄枯盛衰の「衰」を目の当たりにしているのでしょうか。

いや、でも。
40代、働き盛りの大スターが、死んだ目をして、90近い婆さんに公開処刑をされるとは…。
北朝鮮か、ISの人質動画か。

あそこは昭和の時代からの旧態依然とした一族経営です。
ネットに疎いのか、それともトップがネット嫌いなのか、いまだにウェブページでタレントの写真を使わせないなど、もはや意味の解らない行動をとり続けていることで有名ですね。

今回の件は副社長メリーさんと、SMAP育ての親である飯島さんの間でのゴタゴタにメンバーが巻き込まれる形でした。
ぶっちゃけ、世間に波風を起こした原因はメリーさんだと思われます。彼女が緊急生放送で、謝罪すべきでしょう。

普通の企業なら、ですが。
冒頭でも述べたように、ヤバイ業界なので、それはありません。

そしてとても怖い「義理と人情の世界」なので大手マスコミは基本的に「SMAP存続良かった良かった!」としか報道しません。

でも。
そろそろ。
通用しなくなります。

もめ事があってもテレビと週刊誌に圧力をかけておけば、バカな国民は喜んでタレントを応援してくれる。
そんな時代は終わりです。
手に持っているスマホひとつで、テレビと週刊誌が伝えない部分を全部知ることができますから。

ご高齢であられる「老害」な方たち、もう時間です。
人間、寿命には勝てません。
今回の件は、ロウソクの最後のきらめきにすら感じられます。


…っつてもなー。

自分もいずれはそういう年齢になるんですよな。

「老害」言われちゃうのでしょうか。怖い怖い。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだまだわからない。

お久しぶりですりかやさん、NHRです。
かなり前ですが注文した同人誌が届きました。
それと、このたびのSMAPの件はいろいろとありすぎて、まだどうなるかわからない感じがします、私は二転三転する可能性は十分にあるとみています。

No title

こんばんは。私もあの生放送見ましたが、

なんか痛々しかったですね。

ようするにメリーさんは

ファンを舐めてるのでしょう。

たいがいにしないと天罰が下りますね。

妄想

「SMAPの解散騒動は、国民から戦争法案の目をそらせようとしている、
安倍の陰謀だ!」と叫んでいる人がいます。

そんなことができるなら、安倍総理は死ぬまで総理大臣を勤めて
ほしいです。
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。