スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでない本について

こんちは。

現在イラモ本の6ページの原稿をやってます。
見開き2ページ、追加しちゃおうかな~って考えてます。
これが終わったら別のも描く予定です。



さて、今日は雑文を。

『酒鬼薔薇事件』の犯人である元少年A。
彼の執筆した「絶歌」が売れまくっています。
品切れ続出のベストセラーですね。

私も読んでみようかな、と思っているうちに売り切れ続出で、すでに中古品にプレミアが付いている状態です。
なんか本を買おうかなと思った場合、アマゾンのレビューコメントを参考にすることが多いのですが、今回は買ってない(と思われる)人のコメが多すぎてちょっと辟易しています。

楽天は買わないとレビューできないですが、アマゾンは買ってなくてもレビューできるんですよ。まあ話題になれば売れますからね。アマとしてもそれでいいというスタンスなんでしょう。「読んでないけどこんなの買うな!」というレビューの嵐にはちょっと苦笑いですが…。その行為がむしろ宣伝を推し進めているの、わかってるのかな?

そういや啓文堂書店は「被害者遺族の心情に配慮し」販売しないことにしたそうで。書店が売る本を選ぶのは普通のことですが、置けば必ず売れるような本をそういう理由でというのは異例のことです。



フリーアナウンサーの長谷川氏のブログでのレビューがわかりやすく、さらに興味を引きました。

【「絶歌」読了】 元少年Aの手記を、私は評価したい
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44422709.html

いつもブログを読んでいるのですが、この方は物言いが直線で、極論から切り込むことが多いので面白いです。同意できる部分が多く、私の中で言葉にならなかった思いを「ああそういうことか」とわかりやすくしてくれます。「言い過ぎ」と思うこともしばしばですが。

しかしこのエントリーはコメント欄が荒れるだろうな、と思っていましたが、やはり大炎上していますね。それを承知で書いているのでしょうけど、言葉というものは難しい。日本語が読める=意思の疎通ができる、とはなかなかいかないものです。

長谷川氏は最初に「個人的な感想」と述べています。
あくまでも単なる「本を読んだ感想」です。
読んだ結果、彼は「被害者ご家族も、どうかいつの日かで構わないので、お読みいただきたいと思う。この本を読むことによって、むしろ救われる何かがあるような気がする」と結んでいます。

すげえ。
集中砲火さあこいカモーンですね。

でもまあ、内容を知らない私は、コメントできません。
「そんな勝手な押し付けをして!遺族が救われるわけ無いだろ!」とか、言えるわけがありません。読んでないから。まあ読んでたとしても「救われるかもしれないし、そうでないかもね」としか思いませんが。


・読んだ人「私はそう感じた」
・読んでない人「そうですか」

・読んだ人「私はそう感じた」
・読んだ人「いや私はこう感じた」


これが普通のコミュニケーションです。

コメント欄見てください。
どうにも噛み合っていないのが多い。
怒号と悲鳴と罵倒の嵐です。

「(遺族へ無断での出版は)そこは間違っていた、と断罪されるべき」と書いているのに、なんだか長谷川氏が残虐超人であるかのような扱い。いや批判するなら、太田出版に言いなさいよ。

この「絶歌」発行についてはさまざまな論議が絡み合います。
それらを一緒くたにして「長谷川氏の読書感想文」へのコメントとして投げかけるから、おかしなことになっているのです。

少年法については、今も議論されています。
この事件も一因となり、年々厳罰化されています。
というわけで被害者は救われいて、少年犯罪が減った、なんて単純な話でもないんですが。ただ元少年Aはとうに(当時の)法による裁きは終えており、一市民です。「ヤツは罪を償っていない!」と叫ぶのは自由です。ですが「もっと制裁を加えよう」とするのは法治国家としてNOです。

また、犯罪行為に基づく手記などによって、加害者や出版社が利益を得ることについて、強い忌避を示す人たちがいます。
実のところ収監者の獄中手記や、元受刑者が出所後に執筆して本を発行することは珍しいことでもなんでもありません。今回これだけ注目を集めたのは、事件当時犯人が子どもであったこと、マスコミでセンセーショナルに報道されていて人々の脳裏に強く残っていたことが理由でしょう。

言っちゃあ悪いですが、中年のしょぼくれたおっさんが被害者の、結婚詐欺+保険金殺人だったら、そんなにみんな「被害者が、遺族がかわいそう!」ってならないですからね。「ツイてねー」「だまされてアホか」ってむしろ叩くやつもいそうです。

アメリカのNY州には「サムの息子法」というものがあります。なんで「サムの息子?」と思う方はググって下さい。犯罪者が手記を書くなどしてその犯罪をネタにして収入を得る場合、遺族など被害者が申し立てをし、売上げ金を取り上げることができるものです。

この一件により日本においても「サムの息子法のような法律」を制定すべきだ、という声が強くなるかもしれません。ただ定義があいまいなので憲法による言論の自由、財産権の保障にひっかかる可能性が高いですね。

しかし遺族が民事裁判を起こして賠償金を請求したとしても、殺人などの重大事件を起こすような被告は支払い能力が無いことがほとんどです。被害者の救済の一面として、考慮に値すると思います。

この事件についてはすでに遺族が出版の取りやめ、回収を申し立てていますが、実現は難しいところだと思います。なお印税の使い道については公言していない模様ですし、遺族や何らかの基金に渡るとしても、それを受け取るかどうかは当事者同士の問題かと。

余談ですが、児ポ法のとき漫画の性表現規制を「言論の自由だ!」と言って反対していた方々(私もそう)ですが、まさか今回のこの本を「こんな本を出版するなんて鬼畜の所業!回収するべきだ!」とか叩いてませんよねえ?



「○○の気持ちを考えたことがあるのか?」って言葉。

よく子どもへの説教に使われますよね。
人の身になって考える。うん、良いことです。
状況を客観的に見ることができれば、世の中わりと平和です。

「遺族の気持ちを考えたことがあるのか!」って言葉。

すごく苦手です。や、遺族の方が言うのは当然ですよ。
でもまったく関係の無い第3者も、般若の顔をして言うよね。
その感情、私にはわからないので。すみません。

長谷川氏のブログのコメント欄に溢れてますね。
本当にひどい目に遭ったことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、確立からいって恐らくは、幸せな家庭を築いている方なんでしょう。

もし愛する息子や娘が、この事件のような殺され方をしたら…。
もしそんな残忍な加害者が、この世に、平然と生きていたら…。
手記なんか出しちゃって、大金を手に入れようとしていたら…。

自らの身には起きてはいない出来事であるにも関わらず、つらい、苦しい、悲しい、許せない、被害者遺族に感情移入し、社会に対する不安と悲鳴がないまぜあった言葉。キーボードに思わず叩きつけてしまったのだと思います。そう、つい、

「こんな本を評価するなんて!お前は遺族の気持ちもわからないのか!自分の子どもが同じ目にあっても、そう言えるのか!人でなし!」

というように……人でなし、ってコメントはあったかな?
なかったらごめんなさい。

私には嫁も子どももいません。
なので感情的な部分では想像するにとどまります。
なのでちょっと冷静なので、○○にいろいろ当てはめます。

「もうひとりの遺族の気持ち」
「他の犯罪被害者の気持ち」
「編集者の気持ち」
「医療少年院で関わった人の気持ち」
「退院後にサポートした人の気持ち」
「退院後に彼を忌避した人の気持ち」
「元少年家族の気持ち」
「元少年の気持ち」etc…

想像力を働かせて多面的に考えると、感情のまま文字をタイプすることを防げるかもしれません。当然、そんな必要は無いと思うのも自由ですが、最低でも、ブログ主の人格批判や名誉毀損などの悪罵はやめましょうよ。

無実の人を出所した殺人犯に仕立て上げ、ネットで「正しいと思って」執拗に攻撃し続けた『正義の悪鬼』と同じになってしまいます。あ、この言葉、今作りました。なんか語感がいいので。

あとブーメランありますからね。
自分やもしくは家族が、重大事件の加害者になるパターン。
そうなっちゃったら『正義の悪鬼』が、どんな謝罪や言い訳をしても貴方を狩って地の果てまで追い詰め、許さないことでしょう。

こわいこわい。


長くなりましたのでこのへんで。
ではでは。

=====
これ書いているうちに長谷川氏の新エントリー来てました。

『絶歌』を批判する人たちに決定的に欠けている視点
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44447913.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

集団ヒステリー化してしまうから
むつかしいですなあ
これだけ狂気の状態が直ぐ作りだされて
本当にこれだけで文芸作品何本も作れそうです
昔の筒井康隆の小説の世界が
現実化されているようで洒落になりませんな

被害者を苦しめてまで言論の自由を振りかざすというのは僕には出来ないな。
それはただの駄々っ子で?

No title

ネットで騒ぐ人には一度
マルクスアウレリウスの本でも読んで
冷静になって欲しいもんです

あの忌まわしい事件

個人的には、なおさんのコメントに全面同意です。
この手の重大事件が起きると、必ず「国民の知る権利」「出版の自由」「加害者の(被害者もですが)人権」…と、権利のハナシばかりが先に立つのがどうにも解せません。
法治国家としてのそれはわかります。
しかし、権利を主張する人の影には必ず泣く人がいる事に、まずは想像力をはたらかせる必要があると思うのです。
しかしそれを先にしてしまうと「感情論」と言われたり…。
難しいものです。

No title

未だに取り返しのつかない事を起こす人々が
毎日のように報道されているけど
全く教訓だとか進むべき道筋については一切無しで
ただ垂れ流しているだけだからな
そういった状況を脱却してよりよくしていこうと考える時
絶歌は現代社会で生きる上で参考とすべき本だと思う
でもまともに読書家と言える人って1000年に一人じゃなくてw
1000人に一人くらいの割合しかいないんだよなあ
ちゃんと読解できているんだろうか?
(私も読めていないので来月通院ついでに国会図書館に行って読んでみますよ)
この本に対するバッシングって
紀伊の国のイルカ漁とか言葉狩りとか
そういった類の攻撃と
実は同根の意識に有るですよね
浅学の小生が言ってもしょうも無いけど
どうにもイヤーな方向に世の中は進むしかないのかな

No title

こんばんは。

この件に関しては、本が出ることを聴いたとき、

なんか一悶着ありそうと、感じましたが、

一悶着どころか大騒動にでしたね。ただ、犯人と大田出版は

もう少し遺族に対して配慮がほしかったですね。

少し違うけど

現在、激論中の安保法制もちゃんと法案を読んだ上での批判が
なされているのかな、と思う。

というのも、かつての安保闘争の時、「絶対反対!」と
唱えていた人たちの大半が法案をまったく読まずに反対していた、
と聞いたから。

進歩的文化人や学者、著名人でも、「実は読まずに反対していた」と
後から言い出した人が本当に多かった。

今回の「絶歌」もそう。とりあえず批判は読んでからにしましょうよ。

No title

こんにちは。いつも記事(主に4コマ)楽しんで読んでます。
アマゾンのレビューも、長谷川氏のブログも見ていませんのでそこは何とも言えませんが、さすがにマンガの性表現と、今回の手記を「表現の自由」の名の下にいっしょくたにするのは乱暴すぎると思いますが。
漫画はあくまで創作物です。
どんな残酷な内容であっても、個人の頭の中で生み出したものに過ぎず、被害者が存在するわけではありません。
「絶歌」については、被害者とその遺族が実在しており、更に遺族自らこのような本を世に出して欲しくない、回収してくれと出版社に申し入れているのが現状です。
ただの創作物の18禁本と同列にされるのは、遺族の方が表明している意思を無視ないし軽視されているからに他ならないと思いますが、いかがでしょう。
表現の自由はありますが、自由と言っても本当に好き勝手に何を書いてもいいわけではないですよね。そのことで他者の名誉や権利を侵すことはやはり社会的に許されません。
ペンは剣よりも・・・ではないですが、時に凶器になり得ます。
その凶器でもって、犯罪被害者の傷を更に切りつける行為が、今回の手記の出版ではないでしょうか。

りかやさんもおっしゃるように、今回は事件があまりに残虐で異常性が目立ったため、特に世間の注目を集めているようですね。
本が売れているのも、もちろんそのためでしょう。
それを考えると、サイコパスであるとか、失うものがないように人間が、同じように出来るだけ残虐で人々の記憶に残るような事件を起こして、後に手記を出して大もうけ、というようなことを考えかねないという、そこも恐ろしい点で、やはり内容に関わらず出版したこと自体が問題だと個人的には思いますね。

もうひとつ個人的な感想ですが、やはり、りかやさんが単なる児ポとこの本を同列にされていたことがとても残念でした。
そして、「こんな本金出して買うなんて、ゴシップ大好きスイーツとか、他人の不幸は蜜の味と思ってるカスか、誰からも愛されない高齢独身とかでしょ」なんて思ってた自分の中の偏見にも気付かされたこと、懺悔します。

No title

ネットの住民は一つ重大な問題を見落としている
この加害者や出版社の人間が遺族にどうやってコンタクトとれるのだろうか
加害者が法律上の罪を償って社会復帰したとして、果たして謝罪したいと言ったら被害者の居場所を教えてくれるのだろうか
出版社の人間が代理として申し出たら教えてくれるのだろうか

情報を知りえる立場の人間には厳重な対応が求められるが
だとしたらこの加害者が被害者にコンタクトを取ることのむずかしさと
アクセスしようとする方がよほど重大な問題ではないのだろうか
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。