スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子と野球

こんばわ。

まだネームが完成しない、やべえ。
完成しないというより、そこまで行ってないです。
時間の許す限りできれば面白い漫画をお届けしたい、と思って、ゼロから考え直したりの繰り返しで、このまま週末に突入するならだと初期の没案を採用して描き始めないと。

うーむ、オリジナル漫画を描き始めたら、ある意味二次作品であるハロ漫画が、すごく描きにくくなりました。芸能ジャンルを始めて好き放題にして約8年ですが、やっとのことで「このアイドルはこんなことしないよな」っていう制約感に気づきました。遅い。



最近読んでるウェブ連載小説。
TSっぽいんだけど全然TSじゃない系。


『空の妖精』
http://ncode.syosetu.com/n0470by/

夢だったF3A(曲技飛行)世界選手権に出場する権利を手に入れながら、不幸な事件で亡くなった博美の父。 その父の夢を追う博美は、もう一つの自身の夢の為に高専の入試を受けた。 合格発表の数日前、博美は腸からの出血で気を失ってしまう。 緊急搬送された病院での検査の結果 「僕が女の子?」 ・・・・・高専入学と同時に女子として生活を始める事になった、男子として生きてきた博美の話です。(あらすじより)


ラジコン飛行機競技に挑戦する女の子の話。
めっちゃ小柄で美少年だった男の子が、中学卒業間際にいわゆる半陰陽で実は女の子であることが判明します。ただ元々性的な関心が薄かったのか(まあ男性ホルモンも少ないし)特に混乱することなく、女の子として生きていくことを決心し、男子ばかりの高専機械科に入学。すぐにマドンナ扱いに。なので「性転換」的なイベントは薄いです。そもそも女の子だし。

というかラジコン飛行機競技の描写が濃くて、これを読むことでまた新たな知識を手に入れたぜ感がすごい。グライダーって手でぶん投げて、リモコン操作するのか…とか。


『外角低め 115km/hのストレート』
http://novel.syosetu.org/17370/

かつて、名球会入り目前で病に倒れた大投手が居た。

 その男は最速130キロ程度の球速でありながら、出どころの見にくい投球フォームと多彩な変化球によって、遅い直球を実際の球速表示よりも速く錯覚させていたという。
 通算で積み重ねた勝利数は199勝。遅い球しか投げられないにも拘らずプロの打者を相手に勝ち進む彼を、人は「星の大魔王様」と呼んでいた。

 ――これは、そんな大投手の記憶を持つ一人の野球少女のサクセスストーリーである――。
 (あらすじより)

 

主人公の少女はリトルリーグではエースを張るほど野球の才能がありました。
しかし中学に入ると女子のフィジカルの弱さにより限界を感じるように。しかしある事件をきっかけにあるプロ野球選手の「前世の記憶」を手に入れます(とはいえ主人公の自我ははっきりと女子なので、TSモノではないです)。
その「経験」を元に、非力な女子ながらも多彩な球種と制球力、そしてプロ野球選手の知識を持って男子に匹敵するような更なる実力を得ますが、やはり女であることで理不尽な目に遭い、絶望のうちに高校へ。しかしまた野球に導かれ…という話。


「女子も高校野球に出たい!」というテーマで別作品を。

『俺、りん』
http://ncode.syosetu.com/n3248i/

甲子園を目指す高校球児“瀬乃江和宏”(高校3年・男)は、ある日突然“萱坂りん”(高校2年・女)になってしまっていた。理不尽にも絶たれてしまった甲子園への道。それでもめげずに、濃い友人たちに囲まれ、なんとか日々を過ごしていく和宏=りんの元に、ある重大な転機が訪れた。それは……!?

こちらはTSモノといっていいでしょう。
でも「女の子になっちゃった」ということがデメリットになっています。
べつにキャッキャウフフしていません。
主人公の男の子はスタイル抜群の美少女になってしまうことなど全く望んでいませんでした。ただある日突然女になってしまったことで生きがいであった高校野球を奪われてしまったのです。これは悲劇でしょう。…でもそれでも野球を始めます。実力さえあれば、認めてもらえれば、と。


高校野球では女子の公式戦出場は認められていません。

「小学校中学校と女子は男子と一緒に野球ができるのに、なんで高校野球からは締め出すんだ!」

という意見には

「いや、野球以外でもスポーツのほとんどは男子と女子に別れてるやん」

という正論が返ってきます。
サッカー、柔道、バレー、バスケ…みんな男女で別です。
男女ってのはドワーフとエルフみたいなもので、基礎値が違います。
いやそりゃカラテカの矢部とレスリングの吉田沙保里が戦ったら前者が瞬殺されるでしょうけど、それは例外で。

男性にしたって、激しいクロスプレーは女子にはしにくいでしょうし、トイレや更衣室など環境面でも女性を受け入れる体制が無いのが現実です。

万が一、高野連が女子の公式戦出場を認めたところで、女子がレギュラーになれるようなチームは予選すら勝ち抜けないかと思われます。差別ではないです、区別です。
結局はファンタジーなんですよね。古くは野球狂の詩の水原勇気に始まりますが、繊細な美少女がむくつけき男どもに混じっても引けを取らず活躍する姿は美しい。ギャップ萌え。

ただリアルで甲子園出場するような強豪高に、アイドルばりの女子高生レギュラー選手がいたとしたら、それはそれはもうマスコミは大喜びでしょう。ハンカチ王子どころじゃないフィーバーが生まれると思います。私も見たいです。日ハム大好きマリア様が140kmのスライダー投げるところ見てみたいです。

ただ、女子は女子で野球やっているんですよね。

がんばれ!女子野球
http://girls-bb.com/index.php?FrontPage

男子に匹敵するような例外的な筋肉女子のことを懸念するよりも、こちらの競技人口を増やす方に労力を費やした方が前向きではないかと思うのです。

ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。