同人DLショップについて

fc2-2014_0112-01.jpg

こんちわ。

生きてます。

いえのなかにいる!

ウイザードリィっぽく始まりましたが、上の画像はさくら(小田にあらず)のおしっこです。
話の内容は割と真面目な話です。
うんこは誰でもするんだよって話です。
あとお父さんとお風呂に入る話の2本立てになります。

前作で予告したもう1作はおしっこ漏らし話でした。
大小だけで1冊にするのは気がとがめたので先送り、たぶん描くの間に合わないし。

金儲けの話をします。

現在オリジナルを描いてるわけですが、それで気になってきている分野があります。

DLsite.com ディーエルサイトコム
http://www.dlsite.com/maniax/

メロンブックスDL
http://www.melonbooks.com/

他にもありますがこうした同人誌等のダウンロードショップです。
本を買うのではなく、漫画そのもののデータを買うオンラインストアです。
いわゆるデジ同人です。

「同人誌は本という形になってこそ!」
「同人誌は趣味の世界!金儲けとかやめて!」

そういう信念がある方には関係ない話なのですが。
単純にビジネスと考えるとデジ同人って圧倒的に有利なんですよね。
二次パロでなくオリジナル作品なら流通形態の違いでしかないわけで作者の自由ですし。

(1)在庫のリスクがゼロ

紙の本ですと売れ行きを見誤ることによって、在庫の山が自宅スペースを圧迫します。
それはイコール「大赤字」を意味します。デジ同人では無数に発行できます。

(2)販売部数がそのまま利益になる

紙の本ですと印刷代がかかる為、100部以下の小部数だと基本的に「利益」は出ませんが、ダウンロード販売ですと売れた分がたとえ1冊でも10冊でもそのまま収入になります。必要なのは描くための労力のみです。

(3)フルカラーが自由に使える

紙の本だと印刷経費的に困難なフルカラー本文がデジタルですと自由にできます。
これは膨大な作品の中で目立つ為にはかなりのアドバンテージになります。
まあフルカラーで描くという労力がかかりますが…。

(4)検索キーワードで作品をリストアップできる

作品の趣味嗜好のキーワードが無数にあり、買う側はすばやく好みの漫画を探せます。
ニッチな趣味の作品には向いているのではないでしょうか。


こんなところでしょうか。
で、近年右肩上がりに「別に本じゃなくてもいい、というか本であることに意味を見出せないんだが」という層が増えていると思うんですよ。特にエロ。

エロ同人誌なんてネットで落として読むもの、まで行っちゃうともうそれは「読者」じゃないですが、DLサイトでちゃんとお金払って画像データを購入して、タブレットで読みながら右手を動かすのが日課な層は確実に増加しているかと。

コミケや他の即売会で同人誌を売ってその利益で生活している人は一握りですが、経費が圧倒的に少ないデジ同人で生活している層はかなりいると思われます。
プロ漫画家としても原稿料収入よりよっぽど割がいいというパターンも聞きますし。

ネットって基本的に「無料文化」じゃないですか。
ようつべにしてもニコ動にしても、金を取ったらいけないみたいな。嫌儲の空気というか。

でも同人DLサイトを利用している人って「その感覚」が無いんですよね。
「本」といった現物ではなく「データ」にお金を払うことに抵抗がない。
「同人誌は本だろ!」という従来の意識とは違う価値観を持った人たちだけで、すでに大きな市場ができあがっているってのは大きい。

なので個人的にはそっち向けに商売をすることを視野に入れはじめました。
同人活動ではなく、DLサイトを介した商業販売用のオリジナルエロ漫画執筆です。

まあなんで突然そんなことをと思うかもしれないですが。
年収200万も無い男としては「なんかもう少し仕事して金稼がないとなあ、でも何の資格も技術も無いしなあ」とか色々考えて、考えて、気がついた。

「あれ?漫画描けるって技術じゃね?」
「いや俺はプロレベルの技術じゃねーよ」
「でもゼロからのスタートではないよね」

全く知らない分野に手を出すより、よっぽどいいんじゃないかと。
技術力の上達に関しては「金」という素晴らしいモチベーションが生まれますし。
趣味として描く場合と、販売用に描く場合では、意識がかなり変わると思います。

あ、同人活動はやめるつもりは全く無いです。
私は「本」が好きなので。
というかここまでまだ妄想段階です。
すいません、なんの予定もないです。
ちょっと疲れてたんです。

ちょっとDLサイトのランキングの売れてる方の収入を計算してみたら「これは(ガタッ」と思ったので。

バイバイ。


☆最近のらくがき

up2014_0108.jpg

up2014_0108c.jpg

up2014_0108d.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

デジ同人、、

大昔、SF同人誌を出していたときの事を思い出しますよ。
一番のリスクは売れ残りですもんね。

売れ残りが出ると、次回が萎縮してしまい、
それが創作活動=意欲にもろに響きますよね。

その点デジタルならそれらのリスクがないというのは
ものすごい利点だと思います。

本がほしい人は、を自分でプリントアウトして
製本すればOKですよね。

年賀はがきの印刷だけで宝の持ち腐れ状態の
プリンターも有効利用できますし。。。

デジタル化に未来は(共栄と言う意味の)無し

昔図面を書いて生計いたのですが手書きからデジタルになった途端
設計職から事務職扱いになって人員も価値も下がった経験のある者です
利便が良くなると何だかすべて解決するような気がするけど
結局は利が局所に固まるだけの状況が生まれて(米国の某メーカーですな)
大多数は損の方向性を持つんですよね
今はそれがあらゆる面に波及して人間が要らない状況へ
と言うのは言い訳で、わたくし信販会社使わないので決済をどうすればいいのやらwと言うのが本音なんですがねw

No title

いつもブログ拝見してます
楽しませてもらっています
デジタル同人もいいんじゃないでしょうか
まとまりないコメントですが
寒いのでお体気をつけて
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード