スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(742) 倍返しだ!

こんばんちゃんさん。

ちまたではモーニング娘。が再ブレイクの兆しとか。
ここで俺は昔から応援…とか言うとウザイ系なので別の話。

やられたらやり返す!倍返しだ!それが私の流儀なんでね。

堺雅人さん主演のドラマ「半沢直樹」
視聴率が30%近くまでうなぎ登りらしいので見てみました。
正確に言うと「銀行員の債権回収ドラマ」らしいので見てみたんですね。
好きなジャンルな上に、そんな人気なら面白いに違いないと。

「家政婦のミタ」もそんなミーハーな理由で見て面白かったです。

あのね。
「人気がある?じゃあ俺は見ない」ってポリシーの人、人生損してますよ。
みんな見てるってことは面白いんですよ。
で、一気にネットのどこかで先週分まで視聴。

いや、マジで、面白い!

なんだろう、ファンタジー系銀行員痛快ストーリー?

とにかく「わかりやすい」。

・ナレーターによる解説とあらすじと登場人物名字幕

あれこの人なんだっけ?
先週どうなったっけ?
え?これってどういうこと?
そういうついていけない人への親切心たっぷり。

・敵味方が一目瞭然

こんどはこいつが痛い目に遭うんだな、と主人公の尻馬に乗れる。
「半沢ならやっつけられる!」ドラゴンボールみたいなもん。

・主人公のやるべきこと、やろうとしていることが明確

「来るぞ、来るぞ…」的な半沢への期待感パネェ。

・漫画チックで過剰な演出

アップと大声恫喝の多用。連載するなら「漫画ゴラク」ですね。
板垣先生に描いて欲しいw

・決してダレさせない詰め込み&スピード展開

一つの話の中で、クライマックスが多い。
あとで思い返すと「あのエピソードとあのエピソードって同一話だったっけ!?」みたいな。

しかしリアリティなど不要とばかりのキャストたちの行動ですが、妙にリアリティがある。
そう感じるのは私が金融系について素人だからなのでしょうか。

「半沢直樹」氏は大卒で92年入社。
私は高卒で92年入社組です。同期ですね。
堺雅人さんは私と同い年なので、実年齢より4歳上を演じてます。

1992年。最後のバブル入社組ですね。
当時はもちろん「バブル」なんて言葉は無いので、単に私はこう思ってました。

「行きたい会社の面接受ければ、入れるよね、センセー?」

はい、すんなり入社しましたw
高3の10月、最初の1社に選んだ大手印刷会社です。
それ以外の求人票をほとんど見ていません。
恐ろしいことに私は「落ちる」ことを全く考えてませんでした。
書類を提出し、会社の人と少し話をしたら、入社できると。

そして、できた。

…いやそういう時代だったんですから、氷河期の皆さん、キレないで下さい。

6年ちょっとでリーマン生活をやめ、個人業で15年ほど経ちました。
あのままリーマンやってたら…とかよく考えますが、たぶんクビになってたでしょうね。
半沢氏のように陥れられて…なんてことはなく、怠け過ぎで。
4月に貰った有給を9月に使い果たす男でしたから。

おっと話それました、締めます。

「半沢直樹」は面白い漫画の1ジャンルを描く上での必要なテイストが多量に詰まってると把握。3つのワードにしてみました。

・わかりやすく! →うんなるほど!
・引きつけ! →どうなるどうなる?
・スカッとする! →よっしゃやってくれた!


今後の展開に期待です。



fc2-2013_0828-01.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

No title

聖戦士 バインバイン!

No title

あのドラマは勧善懲悪物の時代劇と同じ手法使っているんですよね
時代劇は何度もルーチンしているから説明はいらないけど
今は一回で終わるからそれを補完して見れるようになってる
戯曲ぽいのも良いかもしれませんなあ
いかにもお芝居と思える方がやっぱり楽しい

ここから本題
パイがえし受けたいwww
フクぱいNGなら
あゆみぱいでも
りほぱいでも

No title

こんばんは。イラモ本の感想は後日書きます。


>半沢直樹

私はドラマは特撮くらいしか見ないですが、

このブログで取り上げられるものにハズレはないので、

DVDで見たいと思います。余談ですが、

銀行モノでは「中坊林太郎」を思い出します。


・つぐながクンの感想

>パイ返しだ

フクちゃんの乳ネタはもはや鉄板ですね。

しかし、せっかくいい武器があるのですから、

フクちゃんとスタイルがいいはるなんをグラビア担当にすればいいと
思うのですが・・・。

No title

同じアホなら踊らにゃ損損、の論理はさすが表現者です。

単なるヲタのブログならこうはいきませぬ
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。