スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(716) さくらちゃんファイト

こんばんまりあさま。

東日本大震災から2年が経過しましたね。
時の経つのは早いものです。

…なんて言えるのは幸せの証でしょう。

報道ステーションで福島の原発作業員のピンハネ問題をやってました。

その作業員の方は5次請けの会社の募集で契約して現地へ行ったら、6次請けの会社の社長が待ち構えていて、当初の説明とは全然違う、放射能の高い場所での作業をやらされるところだったと。

ある程度社会人やってるハロヲタの方々なら「あるだろうね…」と、世の中の歪みを諦念の感で流すでしょうが「?」となってるティーンたちののためにもちょっと説明すると。

「仕事」ってのは、そのビジネスを作り出した元の会社だけで成り立つものはほとんどないわけです。例えば自動車メーカーとか。すべての部品を自分の会社の工場で作るより、他の専門メーカーに外注したほうが安かったり品質が良かったりしますので、自然と多数の企業が手を組むわけです。

ただやっぱり元請(依頼する側)のほうが意見が強くなります。
依頼する側はそもそも大手メーカーだったりして、その部品の出来や値段を競わせることができますし、不景気な世の中では「この下請けの仕事が受注できなくなったら会社はつぶれりゅぅ~」みたいなのも日常茶飯事。

そもそも元請が潰れたら下請け企業も潰れる、いわゆる連鎖倒産なんてのもそういうことです。親ガメこけたらみなこけた、と。

で、福島原発で作業している方々の話に戻ります。

仕事の依頼者は東京電力さんです。
国の補助(税金)を受けつつも、超大企業のトーデンさんです。

トーデンさんが「とても危険な作業」の為に○○○人、一人当たりの日当○万円で人を集めてほしい、と元請A社に依頼します。

A社は手数料○%を差っぴいて、B社へと依頼します。
B社は手数料○%を差っぴいて、C社へと依頼します。
C社は手数料○%を差っぴいて、D社へと依頼します。
D社は手数料○%を差っぴいて、E社へと依頼します。
E社は手数料○%を差っぴいて、F社へと依頼します。

Xさんは「比較的安全な作業」と聞いてE社と契約しました。
片道1万円の交通費を自腹で払って福島に向かったらなぜかF社の社長がいました。そこで説明されたのは「とても危険な作業」でした。やりたくなかったらやめてもいいけど、交通費無駄になるよ?無職に戻るよ?と言われました。

トーデンさんはどうやらかなり高額のお給金を「とても危険な作業」に出しているはずなんですが、実際に「とても危険な作業」をするXさんは日当1万ちょっとでした。

すごく単純化したので実際と異なるでしょうが、まあおおよそで。
もちろんもっとより良い契約を結んでる作業もあるでしょうから、すべてがこうじゃないでしょう。

しかしこれは貧困ビジネスに通じるものがあります。

ようは「中抜きだけを目的とした廃炉ビジネス」に目をつけた方々が沢山いらっしゃるようで。何しろ国のお金と東電の電気料金をバックに、今後最低でも30年位は続けられる優良案件です。目端の利く人なら震災後、パッと浮かぶナイスアイデアです。実行には心の中の価値観を色々と捻じ曲げたり押し潰したりする必要があるでしょうが。…いや?その必要すらない方が行動を起こすのか?人でなしめ!

…いや、ごめんなさいウソっぽい正義ふりかざしました。
トーデンさんもA~F社までの皆さんも、ただ単に生活のために、家族の為に、日銭を稼いで仕事をしてるだけですね。例えばC社やD社の方にもハロヲタがいらっしゃったりしてね。責める気は無いんですよ。誰しもが望んで「綺麗な仕事」をできるわけじゃないですから…。

ティーンの方々に言いたかったのはですね。
こういう世の中を変えるために努力するよりも、最初からXさんの立場にならないように気をつけるほうが、はるかに簡単だということです。

「あ、この求人、あやしい!」

そういう嗅覚をね、鍛えたほうがいいかな、と。
え?どうやって?

って…。

おっさんになればわかるのでは……意味ねえじゃん!



fc2-2013_0312-01.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういやさほど気にしてなかったな

かにょんと同じだなんて昨日知ったにょんよ

仕事

こんばんはりかやさん、NHRです。
本文
仕事とはそういうものだという面は多々あります、あまりにも中間が無いとまた別の歪みが出来るかもしれませんし、ただ本文の仕事に集まる人は危険はある程度覚悟の上で高給を得ようとしている人たちなので、確かに本文のとおり本人の失敗というのはありますが、それでもその人たちが避けるのはその6次請けの仕事というのはかなり危険な仕事だったのでしょうね。

まんが
みんな覚えてないって、新人メンは大変ですね。
上の方が書いてられるようにかにょんと誕生日が同じだったというのもありますが。

No title

ビルの屋上で涙をこらえて歌う、さくらっきょ、、、
哀愁ただよう、名場面ですねえ。。。

No title

今は怪しくない求人のほうが、少ないのではないですかね。

一番怪しいのが「簡単な軽作業」ですけどね。


・つぐながクンの感想

今回はめったにないホロリモードでしたね。
プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。