(660) その1年間

さて。

東日本大震災より1年が経過しました。
あれからもう1年経ったのか、というのが素直な心境です。

私は東京の都心寄り在住です。

西日本在住の方々よりは実体験として震災の影響を受けているのは事実です。
ですが、親しい人を亡くしたり、家屋や財産や仕事を失ったり等、甚大な被害はありませんでした。

私にとっての東日本大震災は。

駅や道に「帰宅困難者」があふれていたこと。
コンビニやスーパーからしばらくのあいだモノが消えたこと。
1週間ほど、ガソリンを入れるのに行列に並ぶ必要があったこと。
ビルのネオンが消灯され、繁華街がすごく暗くなったこと。
水道水を飲んでもいいのかどうか迷っていた人たちがいたこと。
一ヶ月に渡ってあらゆるアイドルイベントが中止されたこと。
原発危機に関して「危険厨」VS「安全厨」の不毛な論争を2chで見てたこと。
毎日の消費電力を気にしてエアコンの温度調整をしてたこと。

もうどれも「あったなあ…」という過去の出来事です。

今日11日は震災特別編成でテレビ番組が放映されています。
地震の発生時、また津波が襲って来た時の映像などがたまに流されています。
それらを「過去の映像」として見ることができる私は幸いなのでしょう。

あれから時が止まったまま、という人々が沢山いる中で。



「首都直下地震」の話がここ最近よく出ます。
何年以内に何パーセントで起きるとか何とか。
私が天寿をまっとうするほど長生きできるなら、必ず体験することになるでしょう。

うちはボロ屋なので震度7なら確実に潰れます。
その圧死という最大級の危機を乗り越えさえすれば、なんとかなるはず、と。
なので、別段備えはしておりません。

東北の復興は遅々として進まないですが、東京が同じようなダメージを受けた場合、ものすごい急ピッチでの「復興」がなされるでしょう。なにしろ「決定権」のある権力者達が実際に住んで働いている場所ですから。

王は民が働き税を納めてこそ王になれるのである。
と、おそらくは彼らは認識しているはず。

とまあ、この考え方は東京人のおごりです。

放射能問題について言えば、福島の方からすれば「東京が使うための原発をうちに作りやがってなに安穏としてるんだ」という恨みの声が当然あるでしょう。
「私がそこに作ったんじゃない」と言えばそれまでですが、その恩恵にあずかっていたのは確かなのです。

この1年、震災報道を数多く見てきました。
私はどうしても「がんばれ」という言葉をかけることができません。

「未曾有の大災害と人災」があり、多少はそれを実体験したにもかかわらず、過去のこととしてごく普通の生活をしている自分がかけることのできる言葉は、もう少し違うものなのではないか…、などと考えてしまう次第なのです。



fc2-2012_0311-01.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実際桃子は乳あるからたまらんな
はたちももちのワンピ水着は実に良い!
ところでたぶん見てるだろうけど狼にスレ立ってるよ
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1331426868/l50

No title

この前のまいみの写真集の水着ショット…
ボディーバランスがあまりにも悪すぎて見るにたえなかった。。。

No title

>結局ぷるるんおっぱいは夢と消えた。

いざとなったら医学の力を借りるか、黒木さんみたいにでき・・・ま、いいか。


プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード