FC2ブログ

(786) 同人誌の部数について

おはこんばんちは。

同人誌の通販なども完了し、ひと夏が終わった感です。
色々と疲れました。

商業漫画家と違って、同人活動では作者本人が企画、製作、営業を担当します。
漫画を描いてはい終わりというわけにはいきません。
もちろんそれらのことも一つの楽しみですが。

さてもう一つ、同人誌を作るにあたって避けては通れない仕事があります。

「経理」です。

これについて今日は語りたいと思います。



ようは、

「新刊を何部印刷するか?」

ということに収束される話です。

これはお金の絡む生臭い話題。

同人作家さん同士ではあまり公にはされません。。
とくにそこそこ以上売れている作家さんですと、言いたくない話でもあります。
めちゃくちゃ売れている作家さんなら絶対言いたくないでしょう。
やっかみの対象にしかならないですから。


さて同人誌の発行部数に勝手にランク付けしてみました。
オリジナルなのか二次創作なのか。
ジャンルは何なのか、エロなのか。
プロなのか、専業同人なのか、兼業なのか。
様々な状況によって左右されるので、ざっくりとです。

子供が遊びで話す『スタローンとジャン・クロード・バンダムはどっちが強い?』そのレベルで捉えてください。


・Sランク
イベント&書店委託で年間数万部レベル。年収1000万単位?

・Aランク
イベント&書店委託で年間1万部レベル。社会人なみの収入。

・Bランク
イベントのみ、または書店込みで年間数千部レベル。副業としてはいい収入。

・Cランク
イベントのみ、または書店込みで3ケタ後半から4ケタ前半。小遣い稼ぎ。

・Dランク
コンスタントに200~300は発行。スペース代、交通費、呑み代はペイできる。

・Eランク
100部刷って、数回のイベントで完売する。印刷代とトントン。

・Fランク
良かった、今回も買ってくれる人がいた。それだけで幸せ。


あくまでも経験に基づいた同人界の雰囲気で書いてますからね。
別に「Fランク」をディスってはおりませんよ。
そもそも同人サークルなんて7割がた「E~Fランク」ですよ。


「じゃあお前はどのランクなんだ」と?


というわけでまずは自分の発行部数を明かしたいと思います。

・ハロプロ系単発物 70部~100部
・つぐながクン単行本 各200部


大体こんなものです。
単発物はコミケ+通販でほぼ無くなる感じですね。
つぐながクン単行本はそれぞれあと70部くらいでしょうか。

ややこしいのはオリジナルの方です。

・女子小学生日記1 50/2刷80/3刷40
・女子小学生日記2 100/2刷40
・女子小学生日記3 100/2刷60
・女子小学生日記4 100


一番最初にコミティアに出た時は50部刷って、5冊売れました。
オリジナルは初見に厳しいと聞いてたのでまあこんなものだろうと思っていたのですが、その後コミケで思いのほか出て、すぐに再版。
ティアズマガジンでのご紹介を受け、割と出るようになりすぐ無くなって少し再版。
シリーズ物ということもあってジワジワと読者様が増えてる感じです。
ありがとうございます。

実はこないだのコミティアにて書店委託のお話を頂きました。
そうなると最低数十部単位での納品が必要になります。
上のデータを見かえすに「4巻」は初版200くらい行っても良かったと思います。
まあそんな印刷代は借金でもしないと無理だったのですけど。

で、4巻は単純に考えると1巻購入者と同じ数だけ必要だったのです。
てなわけで4巻についてはまたすぐに増刷することになります。
オンデマンド印刷が普及して、小部数の再版が容易になりました。
ですが数十部単位でのちまちまとした増刷はぶっちゃけ「赤字」です。

例えば3巻の増刷。
60部で早期入稿割引きありで印刷代が18,000円。
1冊300円でトントンです。

オンデマンド印刷は部数が増えても単価は変りません。
「黒字」にしたければオンデマでは無理です。

オフセットならどうでしょうか?
オプションにもよりますが300部で大体52,000円くらいです。
早期割引サービスなどを使えば300部で45,000円くらい。

B5早割セット

http://www.sunrisep.co.jp/02_book/set_hayawari.htm

1冊300円×300部=90000円
印刷代をさっぴくと45,000円の利益です。

この場合「150冊」が損益分岐点になります。
「女子小」の売り部数を見ると、どうやら300部オフセで刷った方が長い目で見ておトクだった事がわかります。


「たかだか数万円の金で…」とおっしゃる方もいるでしょう。
「趣味なんだから赤字でいいだろ!」という意見もわかります。

ただやっぱり「どんだけ売れてもプラマイゼロ」よりは「これが全部売れれば○万円の利益」というのは、小市民としてかなりのモチベーションとなります。私自身、本業が低収入なので、本の販売である程度の利益があればそれをグルグル回し、どんどん新刊を発行できるわけで。現状の「貯金しないと印刷代が生まれない」というのをなんとかできる希望の光になります。

本論から外れますが、当作品が二次創作ではなくオリジナルという点も「どうせならお金が入ってくればいいな」という気持ちを後押ししていると思います。

いずれ出す「再録本」の存在もまた部数決定の悩みの元です。
いやまあそれについては前も言いましたが、漫画をもっとガンガン描いてから語れって話ですね。了解です。

こんな話していると昔書いた「同人誌で儲けるには」というコラムと反するように感じられますが、個人的には反してないと思います。だって「その程度の収入」が欲しいなら、結局のところ本業をがんばった方がよっぽどリスク無く稼げますから…。

ではまた。


「部数問題」についてはこちらのブログ記事もオススメ。

同人百迷走 第5話「同人イベント初参加で1000部を発行!!実売数はわずか50部」
http://anofelus-log.blogspot.jp/2014/02/5100050.html




fc2-2014_0907-01.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード