FC2ブログ

どげせん

fc2-2011_0202-01.jpg

こんばんさやちー。

今日、白バイに捕まっていたトラックを見たのですが、運転手がこの寒い中、地面に土下座して微動だにしてませんでした。
さあてどうなるのやら…と思いながら通過。

土下座までして見逃しを請うってことは、前歴ありでの免停くらうかもなんでしょうね。講習を受けて短縮しても最低1ヶ月は乗れない。となると、当然仕事ができなくなる。この厳しいご時世、社内での立場は大変悪くなるし、自営業で定期仕事していたら信用問題に。

よっぽど世間知らずの警察官で無ければ、その辺は汲み取れる事情でしょう。そこを踏まえた上で、見逃すか、見逃さないか。

道路交通法に限らないんですが、法律はあいまいなモノが多いです。厳格に適用しすぎると弊害を生むため「グレーゾーン」を持つモノもあります。

代表的なものに「スピード違反」があります。
路上教習車を除くほぼすべてのクルマがスピード違反しながら走っていますよね。なぜなら50km制限の道路でも、周りが60~70kmで走っているなら、その流れに乗って運転した方が安全だからです。

「20km制限の人通りの多い夕方の商店街を、30km出して走る行為」と「クルマが全然走ってない地方の高速道路を130km出して走る行為」、どちらが危険でしょうか?法律に照らし合わせれば、後者の方がはるかに重い罪になりますが。

なんとなく違反の実行に関して事実上運転者の裁量の余地があるように見えます。が、実際には取り締まる側にしかそれはありません。

しかし「右折禁止を右折した」「赤信号を無視して直進した」というシロクロはっきりしているケースは捕まった側も反論の仕様が無いのですが、「スピード違反」の検挙は警察官の裁量の余地が大きいように感じられます。

賢いドライバーというのは「このくらいのスピードなら捕まらないだろう」という自分なりの設定値を持っていて、それが警察官の平均的意見に近いものである人なわけです。他にも、

・ネズミ捕りの場所、時期を知っておく
・高速の追い越し車線では先頭を切らない
・スピードメーター常時確認、パトカー、白バイの存在を気にかける

などさまざまな自己防衛をしつつ「安全運転」を心がけていることでしょう。
このスキルが無いと「たまたま虫の居所の悪かった警察官」により、普段なら検挙しないような軽微な違反で吊るし上げられかねません。気をつけないと…。

土下座の人、結局キップ切られてもし免停になったら、たぶん無免許(状態)でも仕事するかもなあ…。切羽詰ってた感ありましたからね。「仕事を失うくらいなら、免停中に再度捕まって無免許運転違反を取られるという多大なリスクを抱える」方を選んじゃうんじゃないかと。

私?ここ5年くらいは捕まってません!

ところで漫画ゴラクの「どげせん」って漫画面白いですよ。
たぶん史上初めての土下座漫画。

↓こちらのサイトさんであらすじが読めます

今週のどげせん
http://www.h5.dion.ne.jp/~ikeruze/dogesen01.htm
スポンサーサイト



テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード