FC2ブログ

(90) 絵描きの才能

fc2-07000104-02.jpg


fc2-07000104-03.jpg


明日、木曜は仕事休みです。なぜってワンダコン行くから。
うーむ、正月仕事すると超絶賀正気分大無し。



今日は絵の話をとりとめもなくグダグダ。
昨日、狼で絵の上手さは先天的な才能か、後天的なものかというようなスレがあって
ざっとROMっただけなんですが。


個人的には絵というものに上手い下手を付けるのは、音楽聴いてこの曲はいい悪いの
議論をするような不毛な気がして、その場から立ち去りたくなります。
単に自分の絵を評価されるのが怖いから、というのもあるんですが。
個人の好みだから、勝負するようなことじゃない!ってのはよくある言い訳。


ま、ともかく確かに先天的な才能ってあると思いますよ。
空間把握能力?とか、センスが有る人、います。
よく「どうすれば絵が上手くなるの?」って聞かれるんですけど、答えに詰まる。
「描くことが好きならいずれ上手くなるよ」ってのがたぶん心情に一番近いんですけど
それってまったく役に立たない回答?
続けられる才能って重要なファクターで色々役に立つんですけど、いまだに
「好きだから続けられるのか」「続けられたから好きになったのか」よくわからない。
どっちもあるんだろうな。


よくある答えとしては「好きなマンガの単行本を一冊丸ごと見ながら写して描く」
ってのかな。これは間違いなくかなり上手くなる。
ただ、これやれるってことは相当描くことが好きな人だから、結局スタートラインに
立つ初心者にはひどいアドバイス。


ある程度までは適当に落書きだけで描ける様になるけど、それ以上はそれなりに専門的に
描き方を勉強しようとしないと駄目なんですよね。
ジョギングを何十年やってても、心肺能力は丈夫になるだろうけど、オリンピックに出場
できるわけではないし、バッティングセンターで王者になっても、巨人のプロテストに受かる
わけではないです。


描くことが好きで、趣味としてひたすら淡々とやってると、たぶん私のような独学系の
基本がなってない絵になります。あっしレベルで十分ならいいんですけど…。
淡々と独学でやってて、それでもすんげえ上手い人いますけど、それはマジ才能。
そういう面を補足する面として、マンガや絵の専門学校行ったり、プロマンガ家の
アシスタントになるのもいいんじゃないでしょうか。


ああ、でもそこまで望んでない?
結局目的がどこかってのが重要です。


マンガ描くの?絵専門?プロ?同人誌?
普通の人に見せて「おお萌え~♪」って言われるためのイラストを描きたいなら、そういう
絵を見て真似しながら練習するだけ。アキバ系はそれが大変重要。
4コママンガのネタがあるなら、それを伝えられるだけの単純な絵柄でいいし。
政治経済社会情勢などを盛り込み、大々的な長編を描きたいなら、大量の資料と
そのテーマに耐えられる画力が必要。人それぞれです。


でもねー、話が面白ければ(読者に伝われば)、画力は二の次だったりしたりして。


……というような言葉がひたっすら頭の中をグルグル回るので、
「どうすれば絵が上手くなるの?」と訊かれると、
「とりあえず描けばいいんじゃない」としか答えられない私です。


そんなことを偉そうに言ってる私の今日の絵は、今年の夏コミ&冬コミ向けに考えてるお話。
「ペタンコ!」のイメージイラスト桃&熊です。下書きから全部タブレットでぐりぐり楽描いて
みました。特にお話を考える前に、適当に絵を描いて世界観を作っていくので、ストーリーが
どうなるか自分も知りません。
ベタ塗りは派手になってしまう…カラーは難しい。イラモでもっと練習しよう。



つぐながクン(90)


fc2-07000104-01.jpg

スポンサーサイト



テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード