FC2ブログ

プロフェッショナル

単なる愚痴らくがき日記。


営利を目的としない創作活動ほど、どうでもいいものはないと思う。
死ぬまで好きなことやってればいいだけだから。

先月入稿した原稿「ハピおま!」2巻が、昨日本になって届きました。
早いなあ。さすが早期〆切入稿。

私の感想は「やるだけはやった」って感じです。
技術的に稚拙ではあるが、実力の8割くらいは出せたと思ってます。プロを目指すには程遠いですけど(一応目指してます)、今回描いた事は無駄にはならないと自信を持って言えるだけの力は尽くしたかと。
まあ「プロの作品」に言えることは、その人がどれだけ頑張ったとか、どんな環境下で創ったかとか、まったく何の関係もなく、評価する人が良いか悪いか、それだけで、しかもそれが多数決に左右されることが多いってこと。

やるせないのは、本人にやる気がなく、適当なやっつけ仕事でも、名声と宣伝で、それなりにヒットしたりすることが多いわけで、しかもそれが面白かったりするわけで。

「結果オンリー」=「プロフェッショナル」

なんですよね。知り合いの漫画家が、作品を編集に持ち込んだら、全編駄目出しされて、新しいプロット渡されて、「この通り描いてきて」って言われて、「それは私の描きたいものではないです」って言ったら「じゃあ他の雑誌行って」って言われたりしてるのを聞くと「プロ」って何なんだろって思う。

考えてみれば私は仕事でバイク便のライダーやってるのですが、別にさほどバイク好きなわけではなく、ただ単に振られた任務をギャラを貰うだけのために100%遂行するだけに徹してます。これがプロのスタンスです。

本当にそのジャンルが好きなら、仕事にしないほうが幸せ、という真理もありかなと考える今日この頃。

私の創作物にいつも厳しい意見をくれる友人がいるんですが、その人に新作の本を見せたら「俺はこれは絶対買わない、正直面白くないから」って素直な表現をくれました。

本当にありがたいことです。いつも調子に乗りかけている自分に、鉄槌を与えてくれます。(まあ彼はハロプロを知らないのですが、そういう知らない人でも面白いと思って貰える様なマンガが描きたいです…ってそういうのを描くと今度はハロプロ濃いヲタがネタが一般的過ぎる、って離れる可能性もあるんですよね)

しかし思うのですが、

・自分では最高の作品を作ってると思ってるのに、まったく評価をされない人と
・自分の意志によらず、適当な嫌々やっつけ仕事やってるのに、大ヒット飛ばす人

どっちの人生が幸せなんでしょうね。今世紀で芸術家の巨匠って呼ばれている人のほとんどが、生前貧乏生活をしていたという事実もありますが。

そこの行ったり来たりで悩める人を演じるにはちょっと歳を取り過ぎたかな、って年齢の私です(70、80まで筆は持てるでしょうけど)。

しかし自信を持って毎回言えるのは

「次の作品こそが俺の最高傑作だ」ってことと
「死ぬ寸前まで次回作品の構想を練っていたい」ってこと。

(プロとしての自分が言えるのは、バイクが本当に好きならバイク便は絶対やめた方がいいよ、ってことだけです。もしくはマジバイク馬鹿ならバイク便がいいよってことだけ。)



まあなんにしても今日、会社の同僚が記念にと一冊買ってくれました(笑

コミケでもし15冊以上売れたら、かの友人がお祝いに焼肉をおごってくれるそうです…

从 ;’w’)<よろしクゥ~ン
スポンサーサイト



テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

りかや

Author:りかや
メール manochin411@gmail.com
ツイッター rikaya_manosta

漫画を描いてコミケやコミティアに参加してます。
オリジナル漫画の書店委託をしております。

■著作紹介

40歳無職独身ロリコン紳士が死亡転生し、女の子として生まれ変わった。失われた性欲を求めてさまようとっても下品な美少女JS物語。COMIC ZIN様で好評販売中!


女子小学生日記シリーズ

漫画サンプルはこちら

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード